お肌のトラブルが起きてしまった時に利用できる対策

サイトメニュー

困ったら見ておこう

医者と看護師

特徴と効果を理解しておきたい

人間の体には、いぼができるようなことがあります。特に、顔や首などにできてしまった場合には目立ってしまうことが多いでしょう。この場合、絶対に除去なければならないわけではありませんが、増えたりすることがありますので早い段階で除去した方が理想的と言えます。そこで、いぼの除去をする場合どのような治療の種類があるかを見ていくと、最近人気の治療方法がレーザーになります。炭酸ガスレーザーが流行しており、皮膚の表面を削るだけなのがポイントと言えるでしょう。そのため、多少痛みをあるものの、たいていの場合麻酔をすることにより痛みを避けることができます。状態はどのようになるかといえば、炭酸ガスレーザー終わった直後に少しへこみや赤みが発生するほどもあるでしょう。特に女性の場合には、顔などに赤みやへこみができてしまうと気になるはずです。ですが、そのままで終わるわけではありません。この場合の対策としては、数日間外用薬を塗ることで対応することが可能です。また、シールのようなものを貼り付けることも多いでしょう。これを貼り付けることにより、膨らみを防止することになります。施術後は、赤みが発生しているところが膨らんでくるようなことも考えられるでしょう。そのままにしておくと大変ですので、それを防止するためにシールを貼り付けるわけです。もう一つの治療の種類ですが、メスを入れる方法があります。最近主流になっているのは、電子メスです。電流を流すことにより皮膚の表面を切っていくのが特徴になります。しかも血が出にくいのが、大きな特徴といえるでしょう。

いぼの除去する場合、どのような効果があるかを理解しておきましょう。まずある程度気軽に治療することができるレーザー治療に関しては、一回で終わることもありますが、一回で終わらないこともあるでしょう。これは単に、数が多いからではありません。例えば、二つの部分にいぼができている場合、それぞれ炭酸ガスレーザーを当てたとします。この時、完全に取り除くことができれば問題ありません。つまり一回で終わらすことができます。しかしながら、完全に根っこまでレーザーがあて切らない場合もあるでしょう。レーザーも、万能ではありませんので根元までレーザーが足らず、完全に取り除くことはできないことも考えられるわけです。このように考えると、2回ぐらい施術しなければならないことも理解しておく必要があります。ただ、料金に関しては無料で行っているところも多いですので安心です。一方で、メスを入れるやり方の場合は、ほぼ一回で効果を出すことができるでしょう。要するに、同じ所を2回手術するようなことはありません。このように考えれば、メスを使うのは今のところ一番確実ない方といえるでしょう。ただ、レーザー治療に比べると費用が高くなる傾向があります。もちろんその分保険がきますので大きな差があるわけではありませんが、それでもレーザー治療に比べると若干高いです。もちろん効果のことを考えれば、それでも納得ができる範囲内と考えられます。二つの治療方法は、イボの大きさによって使い分けることになりますので、あまり大きなものは炭酸ガスレーザー治療を行うことはできません。