お肌のトラブルが起きてしまった時に利用できる対策

サイトメニュー

一人で悩む前に

顔に触れる女性

悩みの解決方法と基礎知識を理解する

人間の理由には、さまざまなできものができます。特に歳をとるはとるほど若いころには考えられなかったようなものができることもあります。また、若い人も、何らかの理由によりいぼなどができてしまうことがあるでしょう。これを放っておいても問題ないことも多いですが、いぼは感染するようなものもありますので、広がる前に処理をしておかなければならないでしょう。そこで、自分で処理をする方法もありますが、痛みが伴うだけでなく再び発生してしまう可能性も否定できません。なぜなら、根っこの部分まで取らなければ意味がないからです。この場合には、美容整形外科に依頼していぼの処理をしてもらうのがよいでしょう。もし、感染症の恐れのあるものに関しては、根っこからとってもらうため本格的な手術が必要です。とはいえ、昔に比べるとかなり種類があり最近は飲み薬などでもなおすことができるものもあります。例えば、漢方薬を利用することによりいぼを小さくすることができるようになりました。ですが、すぐに治したい場合にはメスを入れるのが一番になります。メスを入れるといっても、従来使っているものだけでなく電子メスなどを利用することも増えてきました。メスを入れる場合には、ある程度の大きさのいぼの場合が有効とされています。直径6ミリ以上の場合には、たいていどの美容整形外科やクリニックでも、メスを入れることになるでしょう。なぜなら、レーザーなどの方法だと根っこの部分まで細胞を破壊することができないからです。可能性としては治療できるかもしれませんが、より確実な方法を医師は採用するでしょう。

基礎知識として知っておきたいことの一つが、保険が適用されるかどうかになります。少なくとも、いぼ治療に関して何度も美容整形外科などに通ったことがある人ならば料金はわかりますが、そうでなければどれぐらいの料金がかかるかはなかなかわかりません。そこで、いぼ治療で保険が適用されるかどうかを見ておく必要があります。まず、レーザー治療の場合には適用されないことが多いです。レーザー治療の場合には、保険は適用されませんがそのものの料金はそれほど高いわけではありません。基本的に、いぼの中でも小さいものに対してレーザー治療適用しますので保険が適用されないとしてもそれほど大きな金銭的負担になるわけではありません。これに対して、窒素を使う方法に関しては保険が適用されることが基本になります。ただ、何度か通わなければならないため、好みが分かれるところです。基本的に、小さないぼを処理する場合でしかもレーザー治療行っていないクリニックや美容整形外科ならば窒素で処理することが多くなるでしょう。メスを入れる場合には、基本的に保険が適用されると考えてよいです。一般的に美容整形外科でメスを入れる場合は、審美に関する施術が多くなります。例えば、二重に美容整形するような場合がこれに該当するでしょう。この場合には基本的に保険が適用されることはありません。ですが、イボ治療は決して審美に関するものとは言えないでしょう。そのため、保険が適用されると考えておけば間違いありません。保険が適用されれば、3割負担で済ませることが可能になります。